ましぶろ

行政書士開業記。あっちこっちにフラフラしながら綴る日記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

テレビとコミュニケーション

しょうもない私事ですが、テレビはあまり見ません。

私は、テレビの前に座り、何もせずにただ見てるだけというのが苦手で、

本を読んだり、ギターを弾いたり、

ポッドキャストを聞いているほうが好きなタイプなんです。

よくある知識クイズ系の番組などで、芸能人が漢字の読み方がわからないのを見て

何が面白いの?最近のテレビはくだらないねと本気で思っていました。

ところがアナウンサーの梶原しげるさんの

テレビはコミュニケーション力アップに大いに役立つというお話を聞いて

なるほど!と感心することがありました。

「お笑い芸人は、突っ込みを入れるために、相手の話や一挙手一投足に全神経を集中しています。

多くの強豪がひしめく芸能界で抜きん出るには、ここぞというタイミングで

もっとも適切な突っ込みを入れられなければいけません。

そのためにはとにかく相手の話、ちょっとした動き、身につけているものを

聞き逃さない、見逃さない。機転を利かせなければいけない。

そうしなければ、自分の姿がオンエアされることはないですからね。

熾烈な戦いです。

突っ込みが上手くハマると笑いにつながって場も和むし、相手との話が円滑に進みます。

テレビを見ているときは、自分も芸人になったつもりでテレビに向かって

突っ込みを入れてみると良いですよ。

それがあなたのコミュニケーション力アップにつながります。」

一度聞いただけなので、詳しくは覚えてませんが、大筋はこんな内容でした。

ただ受動的にテレビを見るのではなく、

コミュニケーションの達人である芸人さんたちから学べということなんですね。

テレビに対するものの見方が少し変わりました。

読んでくれてありがとうございます。Arrivederci!

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。