ましぶろ

行政書士開業記。あっちこっちにフラフラしながら綴る日記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

シナモンメルツ

0828_01.jpg

嫁さんがマクドナルドで買って来たシナモンメルツを私も少し頂いたのですが、

これは!ヤバい!

甘すぎるくらい甘い食べ物なのですが

シナモンの辛みでついつい食べてしまいます。

ところがです。

こうゆう極端に甘い食べ物を食べると

なぜか罪悪感にも似たものを感じてしまいます。

きっと私だけではないはず。

コーラなんかもそうですがどうしてアメリカの食べ物って極端に甘いのでしょう?

23782.jpg


こどもの薬は苦みを和らげるためにシロップになっていたり

糖衣でコーティングされています。

そうでもしなければ苦い薬を摂取するのは難しいからです。

ところがシナモンメルツやコーラはその逆で

過剰な糖分を摂取するためにわざわざシナモンや炭酸で舌を麻痺させます。

砂糖のみを同じ分量食べたら「もういらない」というところを

シナモンや炭酸のピリピリ感で感じなくさせてしまうのです。

身体に糖分はある程度は必要ですが何故そこまでして?

確かに美味しい。

美味しいのだけどなぜかココロにわだかまりが。

甘いものが嫌いなわけじゃないのです。

ああもどかしい。


「アメリカ」や「ファストフード」について以前読んで面白かった本です。

アメリカ (集英社文庫)アメリカ (集英社文庫)
(1995/11)
藤原 新也

商品詳細を見る


ファストフードが世界を食いつくすファストフードが世界を食いつくす
(2001/08/09)
エリック シュローサー

商品詳細を見る



今日も読んでくれてありがとうございます。

Arrivederci!

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

私も甘~い「シナボン」が大好きでした。
過剰な糖分は良くないのに食べれてしまう。
そして、それに対する背徳感。
ましこさんのもどかしさ、とても分かります。

ニトウ | URL | 2009-05-10(Sun)02:20 [編集]


ニトウ様
コメントありがとうございます。
シナボンは一時期流行りましたよね。
夜遅くまでお疲れさまです。

ましこ | URL | 2009-05-10(Sun)22:45 [編集]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。